振り向いている女性

ピルの種類について

「ピル」「アフターピル」「モーニングアフターピル」、一重にピルと言っても色々な種類があります。
呼び方が違うと、全く別物のように聞こえますが、一体どのように違うのでしょうか。
まず、「ピル」はアフターピルを含めた全ての避妊薬のことを指しますが、「低用量ピル」を指す場合がほとんどです。
低用量ピルにはエストロゲンなどの女性ホルモンに似た成分が含まれているので、これを日頃から服用しておくことで常に妊娠しているような状態になり、排卵が起こらなくなると言うものです。
低用量ピルは避妊だけでなく生理不順や月経前症候群などの症状を和らげてくれる効果がありますよ。
アフターピルとモーニングアフターピルはほぼ同じ「緊急避妊薬」と言う意味ですが、
アフターピルはヤッペ法で用いられる「中用量ピル」を指す場合が多いです。
一方でノルレボ法のことを「モーニングアフターピル」と呼びます。
日本では2011年までモーニングアフターピルが認可されていませんでした。
そのため、中用量ピルを性行為後72時間以内に2錠、さらにその後12時間以内に2錠服用することで避妊をしていました。
しかしこのヤッペ法は激しい副作用を伴うこと、また2回目の服用を忘れてしまい避妊に失敗してしまう人が多いと言う問題点もありました。
そこでノルレボ法のモーニングアフターピルが認可されると、1回限りの服用で避妊効果があり、さらに副作用も極めて少ないことからヤッペ法に代わる緊急避妊法として話題を集めることになったのです。
モーニングアフターピルの中では「アイピル」と言うピルが避妊率が高く、人気ですよ。
病院での処方の場合はノルレボと言う医薬品になりますが、海外医薬品の通販サイトを利用して購入する場合にはアイピルが主流になります。
ノルレボと同一の効果が期待できる他にも処方で購入するよりもだいぶ安く買うことが出来ます。
通常の通販サイトと何ら変わりなく簡単に購入出来る為、今では多くの利用者がいます。

緊急避妊薬|通販|海外医薬品